iPhoneカメラの機能まとめ

iPhoneのカメラ機能は進化しているのですが、普段同じ機能しか使わないという人は気づいていない機能が沢山あるかもしれません。

簡単に素敵な写真が撮れる様々なiPhoneのカメラ機能をご紹介します。

基本の操作方法

基本的な撮影機能を切り替えるには、画面内で左右にスワイプするか、下に表示されている機能の名前をタップします。
HDR画面.001

写真とスクエア

iPhoneの画面サイズと同じ縦長の写真が通常の写真ですが、現在は流行のスクエア型の写真を撮ることもできます。
HDR画面2.001

パノラマ

横長のパノラマ写真を撮影することができます。撮影ボタンを押したら横線を基準にiPhoneを右に動かしていきます。

フィルター機能

1_7

右下の丸が3つ重なっているマークをタップします。

1_8

フィルターを選択できる画面になります。今写っていたものにフィルターがかかったプレビューが表示されているので、好きなものを選んでタップしてください。今回は、左下のプロセスを選んでみました。

写真-2016-03-09-20-17-46

選んだフィルターがかかった状態で撮影を行うことができます。あとはシャッターを押すだけです。

フィルターがかかっている状態だと右下のマークに色が付きます。

HDR撮影機能

1_9

上のHDRという文字をタップすることで、HDR撮影を行うことができます。

この機能は、3枚、異なった露出の写真を生成してから合成するものです。通常の写真よりも綺麗な写真が撮影できると言われています。

1_10

HDR撮影は、オン・オフ・自動から選べます。上の画像がHDR撮影がオンの状態の画面です。

実際に撮影してみました。左が通常の写真で、右がHDR撮影の写真です。少し明るくはっきりしていますね。 HDR比較.001

今回は基本的に使える機能をご紹介しました。他にもたくさんの機能があるので、いろいろ使ってみると良いでしょう。