Windows10の通知時間を変更する方法

Window10ではWindowsに関するヒントやアプリの通知を表示する機能があり、初期設定ではオン(表示する)になっています。しかし、初期設定では通知時間が5秒となっているため、せっかく通知されても見逃してしまうこともあると思います。そこで通知時間を変更する方法を紹介します。

Windows10の通知時間を変更する方法

通知される項目は、Windowsに関するヒント、アプリの通知、アラーム、リマインダー、VOIPの着信、などです。たとえばDVDメディアをドライブに入れたときは「タップして、DVDムービーに対して行う操作を選んでください」という通知が表示されますし、USBメモリーやSDカード挿入したときにも操作を選ぶような表示がされます。この通知(表示)時間を変更するために、まずはWindows10のスタートボタンをから「設定」を開き、つぎに簡単操作を選びます。

1

左側の項目で「その他のオプション」を選んでください。

2

視覚オプションの項目が表示され、中央あたりに「通知を表示する長さ」があります。

3

「通知を表示する長さ」は初期設定で5秒ですが、7秒、15秒、30秒、1分、5分と伸ばすことができます。5秒を押すと、長さが表示されますので希望の長さに変更します。

4

まとめ

通知の長さは5秒から5分まで変更可能です。長さ5秒以下はないので、必要に応じて「通知のオフ」を設定する必要があります。5分の通知は、ディスプレイ右端に通知が長い時間表示されていますので適宜調整してください。


イベント