Windows10でセキュリティの状況を確認する方法

ウィルスの進入や個人情報漏洩、フィッシングなどセキュリティが安全に保たれているか、大変気になるところです。そこでWindows10のセキュリティの状況を確認する方法を紹介します。ここでは、ウィルス対策、スパイウェア、ファイアウォール機能の状況を確認することができます。

セキュリティの状況確認

Windowsのスタートボタンを右クリックし、表示された一覧から「コントロールパネル」を選びます。

1

「システムとセキュリティ」から「コンピュータの状況を確認」を選択します。

2

「セキュリティとメンテナンス」の項目から「セキュリティ(S)」を押します。

3

セキュリティの一覧が表示されます。

4

それぞれの状況について、確認することができます。上記の例ではネットワークファイアウォールはWindowsファイアウォールが有効になっていてPCを保護しています。

また、ウィルス対策ではスパイウェアと不要なソフトウェアの対策はWindows Defenderが有効になっていてPCを保護しています。インターネットセキュリティは推奨設定になっていることを確認していて、ユーザーアカウントはアプリがPCに変更を加えようとするときユーザーアカウント制御の通知が表示されるように設定されています。

インターネットからダウンロードされていないアプリやファイルからのPCの保護をするWindows SmartScreenは有効になっていて、Microsoftアカウントも正しく機能していることがわかります。

まとめ

セキュリティの状況はコントロールパネルからセキュリティを開くことで確認することができます。セキュリティ状況を確認したい人はこの方法で確認してみてください。