Windows10でデスクトップの背景と色をカスタマイズする方法

Windows10の初期状態のデスクトップは暗い空間で窓からブルーの光が入っている画像です。デスクトップの画像は自由に変更できますし、表示色も変えられます。今回はデスクトップの背景と色をカスタマイズする方法を紹介します。

デスクトップの背景と色をカスタマイズ

カスタマイズする方法として、ディスプレイの「個人設定」で変更します。「個人設定」画面に行くには、デスクトップを右クリックするか「設定」を通していく方法があります。今回は「設定」を通していく方法を紹介します。まずはWindows10のスタートボタンを左クリックして「設定」を選びます。

11

「設定」項目一覧から、「パーソナル設定」を選びます。

1

「パーソナル設定」画面になりますので、初めに左側のメニューから「背景」を選びます。中央にある「背景」から「画像」「単色」「スライドーショー」が選べます。スライドショーはある一定時間で画像が変わるモードです。「画像」はお好み画像のほかに、あらかじめ準備された画像を選択できます。

2

今回は「画像」モードであらかじめ準備された画像を選択してみました。背景画像が変更にされたことがわかります。3

つぎに色を変更してみましょう。左側の項目から「色」を選択してください。色は「アクセントカラー」から選ぶ方法と、デスクトップに表示されている壁紙の色を取得し、それに合わせて自動的に色をつける「背景から自動的にアクセントカラーを選ぶ」方法があります。

4

今回は「アクセントカラー」からピンクを選択してみます。

5

まとめ

「設定」から「パーソナル設定」を選択することで、デスクトップの背景画像と色を変更する方法を紹介しました。自分好みにカスタマイズしてあなたらしいデスクトップにしていきましょう。