Windows10でバッテリーを節約する方法

Windows10にはバッテリーの駆動時間を長持ちさせるためにパソコンの消費電力を抑える節約機能があります。バッテリー節約機能のオンオフ切り替え方法と設定の変更について紹介します。なお、電源に接続している場合は節約機能がオンになりませんのでご注意ください。

バッテリー節約機能のオンオフ切り替え方法と設定の変更

バッテリー節約機能の設定を行うには「設定」から開く方法と「アクションセンター」からバッテリ節約機能ボタンを右クリックする方法があります。今回は「設定」から開く方法を紹介していきます。Windows10のスタートボタンを左クリックして、「設定」を開き「システム」を選択します。

1

「システム」の左側にある「バッテリー節約機能」を選びます。

2

右側中央に「バッテリー節約機能」が現れ、「バッテリー節約機能の現在の状態」は選択できない状態になっています。初期設定ではバッテリー残量が20%未満にならないと機能がオンにならないためです。

3

「バッテリー節約機能の設定」を変更していきましょう。

4

「バッテリー節約機能の設定」は初期ではバッテリー残量20%以下で機能するように設定されています。20%の値を変更することで節約機能をオンにするバッテリー残量の変更を加えることができます。

5

まとめ

バッテリー節約機能の設定を変更する方法を紹介しました。少しでも長く、パソコンのバッテリーをもたせたい方は今回紹介した方法で節約機能を設定してみてください。


イベント