Windows10で画像ファイルをサムネイル表示する方法

Windows10の初期設定での画像ファイルの表示は、画像と関連図けられたアプリケーションのアイコンになっていると思います。たくさんある画像ファイルの中からひとつだけを探すとなると、いちいちファイルを開かなくてはならないので相当な労力になります。

しかし、画像が縮小表示されていると、たくさんの画像ファイルも一目瞭然となり、目的の画像に的が絞りやすく探す労力が減ります。

今回は画像ファイルをサムネイル表示する方法を紹介します。サムネイルの直訳は親指の爪ですが、コンピュータ用語としては画像や動画などを縮小し、アイコンの変わりに表示させることを意味します。

画像ファイルをサムネイル表示する方法

Windowsのスタートボタンを右クリックしてエクスプローラーを開いてください。

1

エクスプローラーの上部に表示されるツールバーのタブから、一番右にある「表示」を選びます。一番右にある項目の「オプション」を押してください。

2

「フォルダーのオプション」画面に移動しますので、上側のタブを「表示」にします。中央に表示される「詳細設定」項目を下にスクロールすると、「常にアイコンを表示し、縮小版は表示しない」のチェックマークをはずします。

3

OK」を押してもらい、画像などが格納されているフォルダーの中身を見てください。サムネイル表示に変わったと思います。

まとめ

画像ファイルは、エクスプローラーのツールバーにあるオプション設定でサムネイル表示にすることができます。サムネイル表示にしたい人がいれば、今回の方法で表示を切り替えてください。


イベント