iPhoneカメラのバーストモードで撮影する方法

iPhoneのカメラにはバーストモードという機能が付いています。どんな機能かというと、連写機能です。

今回はiPhoneのバーストモードでの写真撮影の方法をご紹介します。

iPhoneのバーストモードを使用する

iPhoneのバーストモードの使用方法は簡単です。

写真か、スクエアの好きなサイズの方で写真を撮影する画面で、通常の撮影の様にシャッターボタンを押した時に、そのまま長押しします。これだけで押している間連写し続けることができます。

1_13

赤枠のボタンを長押しします。

1_14

連写が始まります。押している間は、指を離すまで連写し続けます。

また、連写された枚数が画面の下に表示されます。これでバーストモードでの撮影は完了です。

1_15

バーストモードで撮った写真を選択すると、バーストと連写された枚数が右上に表示されています。また、右下の「選択…」をタップすると、連写した写真の中から1枚の写真を選択できます。押してみましょう

1_16

お気に入りを選択の画面になります。左右にスワイプして、連写した中から、一番気に入った写真を選択できます。

選択できたら、右上の完了をタップしてください。

1_17

完了を選択すると、「すべて残す」か「1枚のお気に入りのみ残す」を選択することができます。「1枚のお気に入りのみ残す」を選択すると、先ほど選択した1枚の写真だけが残り、他は破棄されます。

他の写真も残しておきたい場合は、「すべて残す」の方を選択してください。

これでバーストモードの撮影は完了です。

動いているものなどは、バーストモードで撮影することで、後からぶれていないものを選択できてとても便利です。ぜひ利用してみてください。


イベント

2017/10/06(金)
UX School(全10回)