iPhoneのお休みモードの活用法

おやすみモードをオンにすると、電話やメールが来ても、音やバイブレーションで通知がされない状態になります。通知がされないだけで、着信は残りますし、電話やメールも通常通り確認できます。

おやすみモードは、デフォルトではロック状態の時だけしか適用されません。オンにした状態であっても、iPhoneを操作している時は、適用されず、普通通りに通知がきます。(設定で変えることも出来ます。)

基本的には、このような状態になりますが、設定で細かくカスタマイズすることで、より有効的におやすみモードを活用することができます。

おやすみモードの設定方法

55_2

設定画面を起動します。赤枠の設定アイコンをタップしてください。

3_1

設定画面が起動しました。「おやすみモード」の項目があるのでタップしてください。

下の画像がおやすみモードの設定画面です。ここから、詳細な設定をすることができます。

3_2

1番上のオン/オフの項目は、おやすみモードをのオン/オフを切り替えることができます。(コントロールセンターからも切り替え流ことが出来ます。)

時間指定

3_3

時間指定の項目では、おやすみモードをオンにする時間の開始時間と終了時間を設定することが出来ます。

着信を許可

3_4

着信を許可の項目をタップすると、「すべての人・誰も許可しない・よく使う項目」とグループから着信を許可する人を選ぶことが出来ます。

おやすみモードがオンになっていても、ここで設定した人の着信だけは許可することが出来ます。

繰り返しの着信

3_5

繰り返しの着信をオンにすると、同じ人から3分以内に2回以上電話があった場合のみ着信をオンにすることが出来ます。

通知の切り替え

3_6

おやすみモードを、ロック中のみ有効にするか、ロック中以外も有効にするかを選択することが出来ます。

これまでの設定をすることで、大事な着信以外の着信を気にせず寝たい、といった要望を叶えることが可能です。是非活用してみてください。