イラストレーターでオブジェクトを整列させる方法

この記事では、Adobe Illustrator CCでオブジェクトを整列させる方法をご紹介します。

オブジェクトの整列は整列パネルを使用して、簡単に行うことができます。また、整列時に便利な機能である、キーオブジェクトの設定についても解説しています。

整列パネルで整列する

整列させたいオブジェクトを選択します。

上部メニューの「ウィンドウ」>「整列」から整列パネルを開きます。
→ショートカットキーは「Shift+F7」

2016-03-11_11h06_59

整列パネルで任意の項目を選択し、整列します。

2016-03-11_11h07_19

オブジェクトを水平方向に整列

2016-03-11_15h01_21

左から順に説明していきます。

①水平方向左に整列:
オブジェクトの左端を基準として、縦に整列します。
②水平方向中央に整列:
オブジェクトの中央を基準として、縦に整列します。
③水平方向右に整列:
オブジェクトの右端を基準として、縦に整列します。

整列されていないものをそれぞれの方法で整列させると以下のようになります。

2016-03-11_13h44_40

2016-03-11_13h43_33

オブジェクトを垂直方向に整列

2016-03-11_15h01_34

④垂直方向上に整列:
オブジェクトの上端を基準として、横に整列します。
⑤垂直方向中央に整列:
オブジェクトの中央を基準として、横に整列します。
⑥垂直方向下に整列:
オブジェクトの下端を基準として、横に整列します。

2016-03-11_12h13_30

2016-03-11_13h45_25

オブジェクトを垂直方向に分布

2016-03-11_15h01_49

①垂直方向上に分布:
オブジェクトの上端を基準として、垂直に等間隔で整列します。
②垂直方向中央に分布:
オブジェクトの中央を基準として、垂直に等間隔で整列します。
③垂直方向下に分布:
オブジェクトの下端を基準として、垂直に等間隔で整列します。

2016-03-11_13h46_48

オブジェクトを水平方向に分布

2016-03-11_15h02_05

④ 水平方向左に分布:
オブジェクトの左端を基準として、水平に等間隔で整列します。
⑤ 水平方向中央に分布:
オブジェクトの中央を基準として、水平に等間隔で整列します。
⑥ 水平方向右に分布:
オブジェクトの右端を基準として、水平に等間隔で整列します。

2016-03-11_13h54_41

2016-03-11_13h55_23

オブジェクトを等間隔に分布

2016-03-11_15h02_28

キーオブジェクト設定時、任意の単位で等間隔に整列することができます。
※キーオブジェクト設定方法:整列したい範囲を選択後、キーオブジェクトにしたいオブジェクトをクリックします。

左:垂直方向等間隔に分布
右:水平方向等間隔に分布

整列

2016-03-11_15h03_47

どの範囲に対して、整列するかを指定します。

選択範囲に整列:
選択したオブジェクトの中で整列します。
キーオブジェクトに整列:
選択したオブジェクトを、キーオブジェクトを基準として整列します。
アートボードに整列:
選択したオブジェクトを、アートボードの範囲の中で整列します。


イベント