Photoshopで文字を簡単に加工する方法

テキストツールでは、写真や画像に文字を配置することができます。さらにPhotoshopの機能を使うと、この配置した文字に対して、様々な効果をかけることが可能です。ユーザーの気を引いたり、商品のイメージをより魅力的に伝えるためにも、文字の加工は欠かせません。

そこで今回は、文字を簡単に加工する方法をいくつかご紹介します。

文字のスタイル(フォント・大きさ・色)を変更する

まずは、テキストツールを使って、文字を入力します。

5_1

今回は横書き文字ツールを使用して、文字を入力していきます。

スクリーンショット 2016-03-12 9.22.50

画像上の好きなところをクリックして、文字を入力していきましょう。画像では、「我輩は猫である」と入力してみました。

レイヤーパネルを確認すると、文字レイヤーが新しく追加されています。この文字レイヤーに対して、テキストツールのオプションや、レイヤースタイルを変更して加工することで、プレビューしながら文字を加工することができます。

オプションバーから文字のスタイルを変更する

オプションバーで指定して文字のスタイルを変更するときは、画像のように編集したい文字を選択した状態で行います。

スクリーンショット 2016-03-12 9.25.39

この様に文字を選択した状態で、オプションバーから指定します。一番右の項目から、フォントを変更できます。

また、ptと表記されている部分が文字のサイズを表しています。pt数が多くなるほど、文字サイズが大きくなります。

5_3

画像のように変更しました。基本的なフォントや色、サイズ等の変更はオプションバーや文字パネルから行うことができます。

スクリーンショット 2016-03-12 9.26.13

レイヤースタイルを適用させる

スクリーンショット 2016-03-12 9.35.52

レイヤーパネルで、テキストレイヤーをダブルクリックするか、右クリックで「レイヤー効果」を選択して、レイヤースタイルウィンドウを表示させます。

スクリーンショット 2016-03-12 9.38.40

このウインドウから、様々な設定を行うことで、テキストのデザインを変更することが可能です。

チェックを入れている効果が適用され、効果の名前を押すと右側に詳細が表示されるので、ここで値を指定することで、効果の詳細な編集ができます。また、プレビューにチェックが付いていると、リアルタイムで効果がプレビューされます。

ドロップシャドウをかける

ドロップシャドウの項目にチェックをいれてください。角度を変えると、シャドウが落ちる方向が変化します。また、距離、スプレッドを変更することで、ドロップシャドウの効果をくっきりさせたり、淡くぼけたようにすることができます。

このとき、シャドウの色を背景の色味に近いものにしておくと、ドロップシャドウと画像がなじんで、文字だけ浮いて見えにくくなります。

5_4

文字を縁取りする

境界線にチェックを入れてください。境界線パネルからは、文字の周りに追加する縁の色や、縁の太さを変更することができます。

5_5

文字にグラデーションをかける

グラデーションオーバーレイにチェックをつけます。グラデーションオーバーレイの項目からは、グラデーションの向きや形などを自由に変えることができます。

5_6

レイヤースタイルを複数適用する

レイヤー効果は、複数指定することができます。下の画像は境界線とグラデーションオーバーレイを使用してみました。

5_7

まとめ

レイヤースタイルの指定が終わったら、OKを押すと文字の加工が完了します。テキストツールのオプションと、レイヤースタイルを使うだけで、ある程度の文字の加工が可能です。

また、ロゴなどを制作する際には、文字の加工だけでなく、文字と文字の間にも気をつけると良いでしょう。文字のカーニングを調整する方法などに関しては、以下の記事で紹介しています。


イベント