Photoshopで写真にモザイクをかける方法

Photoshopには、モザイクのフィルターが用意されているので、簡単に写真上の任意の位置にモザイクのフィルターを適用することが可能です。今回は、Photoshopでモザイク加工する方法をご紹介します。

モザイク処理したい画像を開く

Photoshopでモザイクの加工をしたい画像を開きます。

スクリーンショット 2016-03-12 10.37.09

モザイクをかけたい範囲を選択する

選択ツールを使って、モザイクをかけたい位置を選択します。今回は長方形選択ツールで猫の耳あたりを選択してみました。点線で囲まれている部分が選択した箇所です。

スクリーンショット 2016-03-12 10.39.00

画像にモザイク処理をかける

メニューバーのフィルターを押して、ピクセレートにカーソルを合わせます。

6_2

ピクセレートのメニューの中にある「モザイク」の項目を押してください。モザイクの設定ウィンドウが表示されます。

6_3

モザイク量を調整する

モザイクの設定ウィンドウから、モザイクのセルの大きさを選ぶことができます。プレビューにチェックが付いている状態であれば、加工している画像にリアルタイムで効果がかかります。プレビュー画面を見ながら、セルの大きさを調整してください。

スクリーンショット 2016-03-12 10.46.02

ピクセルのサイズが大きい方が、より粗いモザイクになります。上の画像が24ピクセルでモザイク処理をした画像です。

スクリーンショット 2016-03-12 10.48.37

今度は77ピクセルにしてモザイク加工をしました。24ピクセルのものよりも、モザイクが強くかかっているように見えます。モザイク処理をかけたい画像に合わせて調整が終わったら、OKを押してください。

スクリーンショット 2016-03-12 10.50.53

画像の一部分にモザイクをかけることができました。これで完了です。

まとめ

今回は、長方形選択ツールで選択した部分にモザイクをかけましたが、どんな形でも、選択範囲があればモザイクを適用することができます。人物など、不定形のものにモザイク処理をしたい場合は、なげなわツールや自動選択ツールを使って選択範囲をつくるとよいでしょう。


イベント