Photoshopのレイヤースタイルの使い方

Photoshopには、レイヤースタイルという選択したレイヤーにあるテキスト・オブジェクト全てに一括でスタイルを適用することができる便利な機能があります。

作成したスタイルは保存することができ、一度保存しておいたレイヤースタイルは、スタイルパネルから選んだレイヤーに、瞬時に適用させることが可能です。そこで今回は、レイヤースタイルの使い方をご紹介します。

レイヤースタイルの使い方

スクリーンショット 2016-03-12 12.16.16

編集したい画像や、新規ファイル作成でキャンバスを開いたら、新規レイヤーを作成してください。作成した新規レイヤーに、文字や図形などのオブジェクトを配置します。

今回は、カスタムシェイプツールで吹き出しを作成してみました。このシェイプを作成したレイヤーにレイヤースタイルを適用していきます。

レイヤースタイルダイアログを表示する

7_1

レイヤースタイルを設定したいレイヤーをダブルクリックするか、右クリックからメニューを表示し、レイヤー効果を選択してください。

レイヤースタイルダイアログが表示されます。赤枠のプレビューにチェックが付いていると、編集中のレイヤーにリアルタイムで効果がプレビューされるので、便利です。

7_2

レイヤースタイルの効果を適用する

レイヤースタイルダイアログの左側に表示されているスタイルから、適用したいスタイルを選択し、真ん中に表示されているレイヤー効果から、適用したい効果の詳細を指定します。

試しにドロップシャドウにチェックを入れました。画像の吹き出しにドロップシャドウが追加されているのがわかると思います。

7_3

ドロップシャドウの色味や、不透明度などを変更してみました。このように、レイヤースタイルそれぞれの効果を、好きなように調整することができます。スタイルを選んで値を調整したら、OKを押して完了です。

スクリーンショット 2016-03-12 12.36.11

複数の効果を適用する

レイヤースタイルは、複数適用することが可能です。先ほどのドロップシャドウに、境界線も適用してみました。好きなスタイルを組み合わせて使用してください。

スクリーンショット 2016-03-12 12.40.13

レイヤースタイルを保存する

作成したレイヤースタイルは保存して、いつでも他のファイルに適用させることが可能です。新規スタイルをクリックし、新規スタイルのダイアログを表示してください。

スタイル名を決めて、OKをクリックすると、新規スタイルとして保存されます。

保存したスタイルは、スタイルパネルから選択することで、レイヤーに適用することが可能です。上部にあるメニューバーから、ウインドウ→スタイルを選んでスタイルパネルを呼び出し、適用したいスタイルを選んでください。

まとめ

レイヤースタイルの使い方について、紹介しました。レイヤースタイルは、aslファイルとしてPhotoshopに保存されるため、スタイルそのものの使用を個人だけでなく、誰かと共有することができます。インターネット上に無料で配布されているレイヤースタイルなどもあるので、活用してみると良いでしょう。

下記の記事では、無料で使えるオススメのレイヤースタイルを紹介しています。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square