Twitterのアカウントを復活させる方法

勢いあまってTwitterのアカウントを削除してしまったものの、いざTwitterができなくなると暇を持て余したり、最新のトレンドに疎くなってしまったり、デメリットもあるかもしれません。

実は前のユーザー名とパスワードのままでアカウントを復活することができます。今回は1分でできる、削除したアカウントを復活させる方法を紹介します。

アカウント削除30日以内なら復活可能

一度削除してしまうと、全てのデータが消えてしまうと思いがちですがTwitterは違います。

フォローしている人もフォロワーも変わらず、そして今まで投稿したツイート全てがアカウントを削除しても残っています。ただし、アカウントを削除してから30日以内までで、それまでに復活させる必要があります。

復活方法はとても簡単でパソコンでTwitterのページを開き、ユーザーIDとパスワードを入れてログインするだけです。削除には少し手間がかかりますが、復活はとても簡単にできます。homu7

復活した後は、いつものようにタイムラインを見ることができ情報は何も変化していないので、そのままご利用できます。

ホーム画面

アカウントの復活はアプリからはできませんので、パソコンで、ウェブ版Twitterをご利用ください。

またフォロー数、フォロワー数そして今まで投稿した画像やツイートが復活するのには少し時間がかかる場合もあります。データを読み込んでいる途中で表示されないだけだと考えられます。削除されたわけではないので安心してください。

まとめ

思いつきで行動してしまい後々後悔することもありますよね。でもアカウントを削除して、やっぱり必要だと思ったら、またすぐに実行すれば復活に間に合うかもしれません。

Twitterがなくなった後の生活を一回体験してから復活するのもいいかもしれませんね。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square