iPhoneの電源が入らないときの対処法

iPhoneには電源が入らなくなってしまう時が稀にあります。今のiPhoneは昔と比べれば少なくなったものの、それでも突然電源が入らなくなってしまったら不安ですよね。今回ご紹介する方法で、症状が改善することがありますので、焦らずに以下の方法を試してみてください。

電源が入らないときの対処法

まずは、充電器が原因でないことを確かめてください。充電器も壊れていないのに、電源に接続しても何の反応もない場合は、何らかの問題で電源が入らなくなってしまっています。まだ壊れてしまったと決め付けるのは早いので、以下の方法を試してみてください。 

再起動してみる

再起動の方法は簡単です。電源ボタンとホームボタンを画面にアップルマークが表示されるまで長押しをします。アップルマークが表示されたら離して大丈夫です。この方法で、画面にアップルマークが表示され、問題なく再起動されたら成功です。

初期化する

再起動がきかない場合は、初期化(工場からの出荷時の状態に戻す)を試して見てはどうでしょうか。まずは、必ずiPhoneのバックアップをとってください。iPhoneのバックアップを取るのも、初期化状態に戻すのも、パソコンにつないでiTunesから行います。

修理に出す

以上の方法を試してもiPhoneの起動ができない場合は、個人ではどうしようもないので、appleのサポートに問い合わせて修理に出す必要があります。修理に出すときも、自分でバックアップを取っておくのを忘れないでください。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square