Macでスクリーンセーバーを設定する方法

スクリーンセーバーとは、長時間パソコンを触っていない時に、アニメーションなど任意のものを表示するためのソフトウェアのことです。

Macでは、スクリーンセーバーの開始時間を設定したり、好きな画像や文字をスクリーンセーバーとして表示することができます。今回は、Macでスクリーンセーバーを表示する方法をご紹介します。

Macでスクリーンセーバを設定する方法

スクリーンセーバの設定を行うには、まずシステム環境設定を開きます。メニューバーのアップルマークを押して、「システム環境設定」を選択してください。

52_1

システム環境設定のウィンドウが出るので、「デスクトップとスクリーンセーバ」を選択してください。

11_3

デスクトップとスクリーンセーバの設定画面になりますが、デスクトップの設定タブになっているので、「スクリーンセーバ」を押してください。

11_4

左側の赤枠から、スクリーンセーバの種類を変更することができます。今画面の中に表示されているのは、どれも任意のフォルダの写真を表示する効果です。

右側の画面にはプレビューが表示され、プレビューの下に表示される項目で詳細を設定できます。

11_5

ピクチャの項目を押すと、デフォルトのコレクションやiPhotoイベント、フォトライブラリ、または好きなフォルダを選択してスクリーンセーバに適用することができます。

11_6

左側のスクリーンセーバをスクロールすると、写真以外のスクリーンセーバも出てきます。FlurryやShell、Aeabesqueは用意されている光のモーションの動画が流れます。

スクリーンショット 2016-03-13 4.05.50

iTunes Artworkを選択すると、iTunesに登録しているアートワークを表示させることができます。

スクリーンショット 2016-03-13 4.08.55

下側の項目で、開始までの時間や、時計も表示するかなどの設定も変更できます。また、ユーザーが作成したオリジナルのスクリーンセーバをダウンロードして使用することもできます。

好きなスクリーンセーバを設定してみてください。