YouTubeの「後で見る」リストの使い方

YouTubeには自分で作れる再生リストの他に、最初から用意されている「あとで見るリスト」というものがあります。これは気になったり、途中まで見たけど最後まで見る時間がなかった時などに、動画を追加しておいて、後で見ることができるリストです。

一度再生が済んだものをまとめて削除する機能があります。色々と便利なので使ってみてください。今回は、後で見るリストの使い方をご紹介します。

後で見るリストに動画を追加する

YouTubeにアクセスして動画を開きます。

仮に、画像の動画を後で見るリストに追加したいとします。動画のタイトルの下あたりにある、「+追加」の赤枠の部分を押します。

14_1

ウィンドウのサイズによっては、追加の文字がないかもしれません。変わらず赤枠の+の記号を押してください。

14_2

追加ボタンを押すと、動画を追加できるリスト一覧が表示されます。自分で作成したプレイリストの上に「後で見る」リストがあるので、そこを押してください。

これで、後で見るリストへの動画の追加は完了です。

14_3

後で見るリストを再生するには、YouTubeページの左上の横の三本線のマークを押します。動画の再生ページなどでも大丈夫です。

13_1

このようなメニューが表示されます。登録チャンネルや、履歴の下に「後で見る」の項目があるのでこれを押してください。

14_4

後で見るリストが表示されます。「すべて再生」を押すことで、後で見るリストに追加した動画をまとめて再生できます。

14_5

また、「視聴済みの動画を削除する」を選択すると、後で見るリストに追加した動画の中の、再生した動画のみをまとめて削除することができます。

迷った時に、とりあえず追加できる便利なリストです。是非活用してみてください。


イベント