Macで撮影したスクリーンショットの保存形式を変更する方法

Macには、デスクトップ上の画面をキャプチャしてスクリーンショットを作成する機能があります。とても便利ですが、デフォルトのスクリーンショットの画像の保存形式はPNGになっています。

使用するのに編集する場合やPNGで使いたい場合はそのままでいいと思いますが、jpgなど別の形式で使いたい場合はこのままでは不便です。スクリーンショットを生成するときの画像の形式は、変更することができるので、その方法を紹介します。

スクリーンショットの保存形式を変更する

スクリーンショットの保存形式を変更するには、ターミナルを利用します。ターミナルを開くために、まずはFinderを開き、アプリケーションのフォルダからユーティリティーのフォルダを開いてください。

15_1

ユーティリティを開いたら、ターミナルを起動します。

15_2

ターミナルを開くと以下のようなコマンドが入力された状態になっています。モザイクの部分には、macの名前やユーザー名などが表示されていると思います。

16_1

$の後に以下のコマンドを入力します。最後にjpgとついているのでわかると思いますが、今回は保存形式をjpgに変更してみます。

defaults write com.apple.screencapture type jpg

16_2

入力したらエンターを押します。最初と同じようなコマンドが表示されたらOKです。次は、先ほどと同じように$の後ろに以下のコマンドを入力してください。

killall SystemUIServer

16_3

入力したらエンターを押します。これで保存形式の変更は完了です。スクリーンショットを撮って見るとjpg形式で保存されています。jpg以外のファイル形式に変更したい場合は、typeの後ろを保存したい形式に変更してください。普段見かけるような基本的なファイル形式であればだいたい設定が可能です。