YouTubeの動画を外部サイトで再生できないようにする方法

YouTubeの動画はコードをコピーして貼り付けるだけで、サイトやブログなどの外部サイトに埋め込むことができます。埋め込んだ動画は、YouTubeの動画ページにアクセスすることなく埋め込まれたページでそのまま再生することが可能です。

しかし、何らかの事情で、動画ページにユーザーにアクセスしてもらいたい場合、外部サイトでは再生されないようにする必要があります。設定を変更するだけで、簡単に外部サイトでの再生を禁止できるので、ご紹介します。

YouTubeの動画を外部サイトで再生できないようにする

まず、動画の管理ページにアクセスします。右上の自分のアイコンを押して、クリエイターツールのボタンを押してください。

26_2

クリエイターツールのページが表示されたら、左側のメニューから「動画の管理」を押してください。

26_3

投稿した動画が表示されています。設定を変更したい動画の、サムネイルの右下にある「編集」を押してください。今回は、赤枠の動画の設定を変更してみます。

25_1

動画の編集ページが表示されます。プレビュー画面の下あたりに、詳細設定のタブがあるので、これを選択してページを下にスクロールしてください。

26_4

動画の詳細な設定を変更できます。左下の方に「配信オプション」の項目があるので、「埋め込みを許可」についているチェックを外してください。

外したら右下の変更を保存が押せるようになるので、そこを押して設定の変更は完了です。

5_2

埋め込みの許可をやめると、動画ページで埋め込み用のコードが表示されなくなります。

すでに外部サイトに埋め込まれてしまった動画も、YouTubeの動画ページにアクセスしないと動画が閲覧できないようになります。


イベント