YouTubeで非公開設定にした動画を共有する方法

YouTubeには、動画を誰でも見ることのできる「公開」と、一部の人しか見れない「限定公開」、自分以外の人に見られることはない「非公開動画」の3種類の公開設定があります。

公開は誰でも見れる状態なのでわかると思いますが限定公開と非公開動画の違いをご存知でしょうか?

限定公開動画は、動画のURLさえわかれば、誰でも見れる状態の動画です。また、限定今回の場合検索には引っかからないようになっていますが、公開設定の再生リストなどに追加されると、検索結果にも表示されるようになるので、URLを知らない人でも観れるようになってしまう可能性もあります。

対して、非公開動画は、検索にも引っかからず、URLを教えても他のユーザーは見ることができません。しかし、設定をすることで、Google+アカウントを持っているユーザーとは動画を共有することができるので、今回はその方法を紹介します。

非公開設定にした動画を共有する方法

まずは、投稿した共有したい動画のページを設定するページに移動します。右上のアイコンを押したら、クリエイターツールのボタンを押してください。

26_2

クリエイターツールのページになるので、左のメニューから「動画の管理」を押してください。

26_3

投稿した動画の一覧が表示されます。共有したい非公開設定になっている動画の編集ボタンを押してください。今回は、赤枠の非公開設定になっている動画を設定します。

25_1

動画の設定を編集するページになります。基本情報の右側の方に、「共有」のボタンがあるので、これを押します。

27_4

下のようなウィンドウが表示されるので、動画を共有したいユーザーのメールアドレスを入力してOKを押してください。あとは「変更を保存」を押せば、共有の設定は完了です。

screenshot 63

非公開動画を共有するユーザーはGoogleアカウントを所持している必要があります。また、Googleアカウントに接続していないチャンネルの動画は、共有設定を行うことはできません。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square