YouTubeで特定のチャンネルや投稿者を非表示にする方法

YouTubeは、ユーザーの再生履歴や検索履歴を利用してオススメの動画をどんどん紹介してきます。しかし、興味のない動画やチャンネルが何回も出てきて、鬱陶しいと感じることもあると思います。

そういった動画やチャンネルを非表示にする方法をご紹介します。

YouTubeの興味なしボタンを利用する

YouTubeのトップページにアクセスすると、閲覧履歴や検索履歴から興味がありそうな動画やチャンネルをYouTubeが大量にピックアップしてくれています。

オススメのチャンネルの右上には、×が表示されており、これにカーソルを合わせると興味なしと表示されます。この×を押すことで、YouTube側に、自分はこのチャンネルは興味がないと伝えることができ、オススメには表示されにくくなります。

一度押してみましょう。

screenshot 75

先ほどまで表示されていたチャンネルが消えて、以下のようなメッセージが出ます。元に戻すを押せば、興味なしを押したことを取り消せます。

screenshot 76

これで、興味なしボタンを押したチャンネル・投稿者の動画はオススメに表示されにくくなりますが、オススメは他の記事でも紹介したように検索履歴や閲覧履歴を元に表示されているので、そちらを削除することも併せて実行してみてください。

また、動画単体でも興味なしボタンを利用することができます。動画にカーソルを合わせると、タイトルの右あたりに丸が縦に3つ並んだものが出るのでそれを押します。

screenshot 78

興味なしと表示されるので、これを押すとこの動画をオススメに表示されないようにできます。

screenshot 74

チャンネルと同じように、このようなメッセージが表示されるので、間違って押してしまった場合は、元に戻すを押してください。

screenshot 77