YouTubeにログインしないで動画を見る方法

YouTubeのアカウントは、Googleのアカウントとリンクしている為、Googleアカウントにログインした状態でYouTubeを利用すると、YouTubeにもログインした状態になってしまっています。

YouTubeにログインしている場合、見た動画の履歴などは全て保存されてしまいます。例えば自宅と職場で同じGoogleアカウントを使用している場合、昨日自宅で見た動画の関連のオススメ動画などが職場で出てきたら焦ってしまいますよね。

また、Googleアカウントを複数使っている場合も同じです。思わぬ所で履歴が残ったりするので、そういったことが嫌な方は対策を講じたほうがよいかもしれません。

今回は中でも一番シンプルな対策法、YouTubeにログインしないで動画を見る方法をご紹介します。

YouTubeにログインしないで動画を見る方法

まずは、YouTubeからログアウトしてしまいましょう。画面右上のアイコンを選択肢、メニュー右下のログアウトを押します。

27_2

右上のアイコンをみたときに、アイコンがログインのボタンになっていたら、ログアウトされている状態です。最初からこの状態だったらそのままで大丈夫です。

screenshot 84

トップページに表示されている動画を適当に選択して表示してみました。

アカウントにはログインしていない状態ですが、問題なく動画を視聴できます。一般向けに公開されている動画であれば、ログインしてなくても視聴することができます。

screenshot 85

制限がかかっている動画について

ログインしていないと、地域や年齢の制限がある動画などは視聴することができません。

YouTubeでは個人のプロフィール確認をアカウント単位ごとにおこなっており、ログインしてプロフィールを入れなければ地域や年齢が確認できないようになっています。動画のページにはアクセスできますが、以下のようなメッセージが表示されます。

この動画は、お住いの国では公開されていません
この動画は、一部のユーザーに適さない可能性があります

このような画面が出てしまった場合、制限に引っかからないアカウントでログインすれば見ることができますが、ログインせずに視聴したい場合は、少々裏ワザを使わなければなりません。

お使いのブラウザのプラグインや拡張機能で解決する方法が一つと、もう一つはURLの文字を入れ替えたりする方法があります。

URLの文字を変更して制限を回避する

通常のURLをブログなどに貼り付ける際の埋め込みURLに書き換えることで制限の付いている動画でも観ることができる場合があります。

通常のURL
https://www.youtube.com/watch?v=YSeRNT9IRh8

変換後のURL
https://www.youtube.com/v/YSeRNT9IRh8

この際、ブラウザのウィンドウいっぱいのフルスクリーンになってしまいますが、それ以外は基本的に通常の動画と同じように試聴できます。

ただし、この方法は動画のアップロード者が埋め込みを許可している場合のみ実行可能です。

また、制限は然るべき理由で設定されているものですので、よほどのことがない限りはログインして正しく利用するようにしましょう。


イベント