GmailにCSV 形式の連絡先データをインポートする方法

Gmailではアドレス帳をインポートする機能が備わっています。今回はCSVファイルからのインポート方法を紹介します。

1. Gmailからインポートの準備をする

Gmailを開いて、「Gmail ▼」をクリックし、連絡先を選択します。

csvファイル1

Googleコンタクトのプレビュー画面へ移動します。(※最新バージョンのGoogleコンタクトプレビューですと、インストールのサポートをしていない為、以前のGoogleコンタクトへアクセスします)

「インポート」をクリックします。

csvファイル2

他のアカウントからの連絡先のインポートが開きますので、その中の「CSVまたはvCardファイル」をクリックします。

csvファイル3

「以前のコンタクトを開く」をクリックします。

csvファイル4

2. CSVファイルをインポートする

以前のGoogleコンタクトから「連絡先をインポート」をクリックしますcsvファイル5

「ファイルを選択」で作成したCSVファイルを選び「インポート」をクリックします。

csvファイル6

完了するとインポートされたデータが連絡先に表示されます。

以上で作業は完了です。

まとめ

CSVを活用するとほかのアプリケーションとのデータのやり取りも可能となっており、共同で利用したい場合などに非常に便利ですね。

ただし、CSVファイルに含まれるデータによっては、名前や連絡先などGmailで表示されるフィールドと一致しない場合があるとエラーがでてしまったり、連絡先の欄が一部含まれない場合がありますので、手動での編集をおすすめします。