Gmailで複数のアドレスの作成&活用方法

アドレスをプライベート用、仕事用と使い分けている方も多いかと思います。

Gmailでアドレスを複数用意する場合、アカウントを作成する方法がありますが、今回は1つのアカウントで複数アドレスを使い分ける方法を紹介します。

使う機能は「エイリアス機能」というものになります。(尚、利用できるのは個人のみとなっております。)エイリアス機能は3つありますので、1つずつ紹介します。

アカウント名の後ろに 「+xxxxx(任意の名前)」をつける

例えばアドレスが

「username@gmail.com」だった場合「username+sample@gmail.com」という風に変更する

+の後の文字は任意の文字ですので、好きなもので構いません。

アカウントの間にピリオド(.)を挿入する

「username@gmail.com」から「user.name@gmail.com 」に変更する

ピリオドは文字としてはみなされないので、挿入されていても同じアカウントのものとして認識されます。ピリオドの位置や数は複数でも構わないので、「user.na.me@gmail.com 」なども可能です。

ドメインを「@googlemail.com」にして使用する

「username@gmail.com」から「username@googlemail.com 」に変更する

名前の方ではなく、@以下を変更しても同じアカウントのものとして認識されます。

まとめ

通常であれば、アドレスを複数用意しないと使い分けが出来ないGmailですがエイリアス機能を利用すれば1アカウントでの複数利用が可能です。

フィルタを設定すれば振り分ける事も可能なので用途に合わせてご利用ください。


イベント