Macのペアレンタルコントロールを使って子供のPC利用時間に制限をかける方法

Macではアカウントを作成して、一台のPCを別々のPCの様に使うことができますが、アカウントにペアレンタルコントロールという設定をして、利用内容や利用時間を制限することができます。

子供用に作ったアカウントの利用時間に制限をかけることができたら非常に便利ではないでしょうか。

ペアレンタルコントロールを使ってPC利用時間に制限をかける

システム環境設定の「ユーザとグループ」を選択してください。

28_1

ユーザとグループの設定画面が表示されます。左下のアイコンの鍵を押してください。

30_1

パスコードの入力を求められるので、入力して「ロックを解除」を押してください。

28_3

鍵のアイコンが開いている状態になったら、ペアレンタルコントロールの設定を行いたいアカウントを選択してください。アカウントを作成していない場合は、左下の+ボタンから作成してください。

30_3

設定したいアカウントの下の方にある、「ペアレンタルコントロールを適用」にチェックを入れてください。これでアカウントのペアレンタルコントロールが有効になります。

時間制限などの詳細を設定していくので、隣の「ペアレンタルコントロール」を押してください。

30_4

ペアレンタルコントロールを有効にすると、アカウントの下の状態が「通常」から「制限付き」に変わります。

ペアレンタルコントロールの設定画面が出るので、左下の鍵のアイコンを押して、先ほどと同じようにロックを解除してください。

screenshot 97

ロックを解除すると、アカウントを選択して設定が行えるようになります。左側で、設定を変更したいアカウントが選択されていることを確認したら、右側のタブから「時間」を選択してください。

31_3

平日と週末で分けて使用出来る時間を設定できます。月から金の平日は1時間、週末の土日は4時間の様な設定が可能です。また、逆に使用できない時間の設定も可能です。

時間制限の時は月から金と、土日毎の設定でしたが、使用できない時間は「就寝時間」とされているので、次の日学校がある日曜から木曜と、次の日学校が休みの金曜と土曜ごとの設定です。

screenshot 99

設定が終わったら、ウィンドウを閉じてしまって大丈夫です。これで、ペアレンタルコントロールの時間設定は終了です。


イベント

2017/10/06(金)
UX School(全10回)