イラストレーターで渦巻き模様を作る方法

この記事では、Adobe Illustrator CCで渦巻き模様を作る方法を紹介します。

渦巻き模様は「スパイラルツール」で簡単に描くことができます。等間隔の渦巻き模様を作りたい場合は「スパイラルツール」では作れないため、「同心円グリッドツール」を使用して描く方法もお伝えします。

スパイラルツールで渦巻き模様を作る

直線ツールを右クリックして、「スパイラルツール」を選択します。

2016-03-16_12h53_36

アートボード上でクリックし、スパイラルダイアログを開きます。

2016-03-16_12h55_13

半径:
渦巻きの半径を指定します。値が大きくなると、渦巻きも大きくなります。

円周に近づく比率:
渦の巻き方の強さを指定します。値が小さいほどゆるやかな渦を巻き、100%に指定すると円になります。

セグメント数:
セグメントの数を指定します。値を増やすと、内側に向かってセグメント数が増えていきます。セグメントは4つで一周します。

スタイル:
渦巻きの向きを指定します。

任意の値を指定し、OKをクリックします。これで、渦巻き模様を作ることができました。

2016-03-16_14h19_10

フリーハンドで渦巻きを作る方法

「スパイラルツール」を選択後、アートボード上でドラッグして、渦巻きを作ります。
※ドラッグ中に、矢印上キーを押すとセグメント数が増え、矢印下キーを押すと減ります。
※ドラッグ中に、Rキーを押すと渦巻きの向きを変更することができます。

同心円グリッドツールで渦巻き模様を作る

スパイラルツールでは、中心部になるにつれて間隔が狭くなる渦巻きになるため、
等間隔で描くには「同心円グリッドツール」を使用します。

直線ツールを右クリックし、「同心円グリッドツール」を選択します。

2016-03-16_13h13_58

アートボード上でクリックし、同心円グリッドツールオプションを開きます。

幅と高さは任意の大きさを指定します。
同心円の分割の線数:重ねる円の数を指定します。
円弧の分割の線数:0を指定し、OKをクリックします。

2016-03-16_13h30_02

同心円を描くことができました。

2016-03-16_13h32_16

同心円を選択し、右クリックで「グループを解除」します。

2016-03-16_13h33_39

ダイレクト選択ツールで下の半円を選択し、削除します。

2016-03-16_13h35_34

残った半円を選択し、回転ツールを右クリックして「リフレクトツール」を選択します。

2016-03-16_13h41_20

Altキー(macはoptionキー)を押しながら、半円の中心部をクリックします。

2016-03-16_13h47_08

リフレクトダイアログが開くので、水平方向を選択し、コピーをクリックします。

2016-03-16_13h49_05

半円が二つ並んだ状態になりました。

2016-03-16_13h49_46

下記のように、半円を一つずつずらした形で重ねます。
※Ctrl+U(macはcommand+U)でスマートガイドを有効にしておくと便利です。

2016-03-16_13h51_00

現在二重にうずまきが重なっている状態なので、一つの渦巻き(オレンジ線)を「ダイレクト選択ツール」を使用して選択し、削除します。

2016-03-16_14h08_31

これで、等間隔の渦巻きを作ることができました。

2016-03-16_14h10_50


イベント