イラストレーターのスウォッチの使い方

この記事では、Adobe Illustrator CCのスウォッチパネルの使い方を紹介しています。

スウォッチパネルには、カラー・グラデーション・パターンの3種類を登録することができます。自分で作ったスウォッチの登録方法と、スウォッチライブラリの活用方法、そしてスウォッチパネルの管理方法をお伝えします。

スウォッチの登録方法

カラーの登録方法

上部メニューの「ウィンドウ」>「スウォッチ」から、スウォッチパネルを開きます。

2016-03-17_14h48_18

上部メニューの「ウィンドウ」>「カラー」から、カラーパネルを開きます。
→ショートカットキーは「F6」

2016-03-17_14h59_09

カラーパネルで任意のカラーを作成します。

2016-03-17_15h02_24

作成したカラーをスウォッチパネルまでドラッグします。

2016-03-17_15h03_09

これで、新しいカラーをスウォッチパネルに登録することができました。

2016-03-17_15h05_46

グラデーションの登録方法

カラーと同じように、グラデーションパネルから、スウォッチパネルにドラッグをして登録することができます。

2016-03-17_15h08_36

パターンの登録方法

カラーと同じように、作成したパターンをスウォッチパネルにドラッグします。

2016-03-17_15h16_57

登録したスウォッチの編集方法 ※カラーとパターンのみ

スウォッチを選択し、ダブルクリックをします。

【カラーの場合】

スウォッチオプションで、編集することができます。

2016-03-17_20h19_56

【パターンの場合】

パターンオプションで編集することができます。

2016-03-17_20h20_13

登録したスウォッチの削除方法

削除したいスウォッチを選択し、ごみ箱のアイコンをクリックします。

2016-03-17_15h31_51

スウォッチライブラリの活用方法

スウォッチライブラリには、あらかじめカテゴリー別にプリセットカラーが準備されています。スウォッチライブラリを使用すると、全て自分で色を準備する必要がなく、バランスよく配色することができます。

スウォッチパネルの左下のアイコン、スウォッチライブラリをクリックします。
任意のカテゴリを選択すると、下記のようにカテゴリ毎のカラースウォッチが表示されます。

2016-03-17_15h37_53

2016-03-17_15h36_14

※スウォッチライブラリで気に入ったカラーがあれば、同じように通常のスウォッチライブラリにドラッグして、登録することができます。

2016-03-17_15h49_19

スウォッチの管理方法

カラーグループの使い方

カラーグループは、複数のカラーをグループにまとめて管理しやすくすることができます。また、オブジェクトで使用したカラーをまとめて保存する際などにとても便利です。

登録したいカラーのオブジェクトを選択し、スウォッチパネルの新規カラーグループボタンをクリックします。

2016-03-17_20h10_14

新規カラーグループダイアログが開きました。任意のカラーグループ名を入力し、OKを選択します。

2016-03-17_20h12_56

これで、オブジェクトで使用しているカラーをまとめて登録し、カラーグループにすることができました。

2016-03-17_20h13_54

カラーグループの編集方法

カラーグループのアイコンをダブルクリックすると、カラーの追加・編集・削除することができます。

2016-03-17_20h25_17

スウォッチを他のドキュメントで使用する方法

新たに登録したスウォッチは別のドキュメントで使用することができません。スウォッチライブラリに登録することによって、他のドキュメントからも新しいスウォッチを利用することができます。

スウォッチパネルのパネルメニューをクリックし、「スウォッチライブラリをIllustratorとして保存」をクリックします。

2016-03-17_20h29_32

名前を付けて保存ダイアログが開きます。任意のスウォッチ名を入力し、保存します。

2016-03-17_20h30_29

再度、スウォッチパネルのパネルメニューを開き、「スウォッチライブラリを開く」>「ユーザー定義」>「先ほどつけたスウォッチ名」を選択します。

2016-03-17_20h41_25

これで、別ドキュメントでも登録したスウォッチを使用できるようになりました。

2016-03-17_20h45_12