PSDとは?PhotoshopなしでPSDファイルを編集する方法

本格的な画像編集などをしていなければ、Photoshopは持っていない人が多いと思います。ちょっと使いで購入するにはとても高価なソフトウェアです。

ところが、配布されている素材を使いたいけどpsdファイルで開けなかったり、仕事で送られてきたデータがpsdファイルだった場合、ちょっと編集したいだけなのにと困ってしまう人も多いと思います。

psd形式はPhotoshop専用の形式なので、普通Photoshopでしか開くことができません。しかし、フリーソフトでpsdデータを扱えるアプリケーションがあったので今回は御紹介します。

PSDファイルとは

PSDファイルとは、「Adobe Photoshop」で主に利用されるファイル形式で、「Photoshop Data」を略したものです。画像ファイルとは異なり、Photoshop上のレイヤーやパスなど情報も保存されていることが特徴です。

Adobe社の独自仕様なので、Adobe製品以外でPSDファイルの閲覧・編集ができるものは少ないですが、次に紹介するフリーソフトではPSDファイルを扱うことができます。

Photoshopなしでpsdファイルを編集する方法

GIMPを使用する

画像編集のフリーソフトで有名なGIMPは、なんとPSDファイルを編集して保存することが可能です。レイヤー情報なども保持されたままファイルを開くことが可能なので自由に編集することができます。

しかし、psdデータの中でもCMYK形式のデータは開くことができません。その場合は別のソフトを併用したりする必要があります。

Paint.NETを使用する

Paint.NET を利用することで、CMYK形式のpsdデータを開くことが可能です。また、GIMPには編集機能は劣りますが、簡単な編集であれば、paintで十分な上に、逆に機能が少なく初心者の方には使いやすいかもしれません。psdデータをPhotoshop以外で扱うにはPaintを利用してみて、さらに編集が必要な場合は他のソフトを利用するという手もありかもしれません。

まとめ

もし、Photoshopは持っていないが、psdファイルを編集したい人がいれば今回紹介したソフトで編集してみてください。どうしてもpsdファイルが思ったように開けない場合は、Photoshopの購入も検討してみると良いでしょう。

以下の記事でPhotoshopそのものについてや、Photoshopの購入プランについて紹介しています。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square