Google Chromeのタブを小さくして固定する方法

Google Chromeは、Webページを見る時に使うブラウザの一つですが、様々な種類があるブラウザの中でも便利な機能が多く人気の高いブラウザです。

1

今回は、Google Chromeの人気機能【タブの固定】についてまとめてみました。

いつも使うページを固定することで、パソコンを再起動してもすぐに開くことが出来る便利な機能を試してみてください。

タブの固定と解除の方法

タブの固定方法

Google Chromeのタブを固定する方法は非常に簡単です。まずGoogle chromeで固定したいページを開きます。

次に開いたタブの上で右クリックをします。すると、いくつかの選択肢が表示されますので【タブを固定】をクリックします。

2

すると、文字がなくなり、アイコンのみのタブが作成されます。

3

タブの固定は1つだけではなく、2つ3つといくつでも固定することが可能です。しかし、多くのタブを固定してしまうとGoogle Chromeの起動自体に時間がかかってしまいますのでご注意ください。

タブの固定を解除する方法

一度タブを固定しても、やはり必要なかったという時もあるでしょう。そういう時にはタブの固定を解除しましょう。

解除方法は、タブの固定と同じようにタブの上で右クリックをし、【タブの固定を解除】をクリックしましょう。

5

タブを固定することのメリット

タブを固定することが出来ると、何のメリットがあるの? と疑問に感じる方もいらっしゃるかもしれません。しかし使ってみるとこれが非常に便利なことに気付きます。

日々インターネットを使う方は、大体開くページというのがいくつかあるかと思います。しかし、パソコンの再起動やブラウザを一度閉じてしまうと、毎回複数のページを開かなくてはいけません。

タブを固定することで、一度ブラウザを閉じてしまってもパソコンを終了させてしまっても、Google Chromeを起動すると固定したタブはいつでも開かれた状態で起動することが出来ます。

まとめ

Google Chromeでのタブの固定と解除の方法はたったこれだけです。

普段使うWebページについてはこの様に固定しておくことで、いつでも簡単に開くことが出来ます。間違ってタブを消してしまうということもなくなりますので、重要で見ることの多いページほど固定しておくと良いでしょう。


イベント

2017/10/06(金)
UX School(全10回)