WordPressでバックアップする方法

何事も予期せぬトラブルはつきものです。突然WordPressで作ったWEBデータが消失してしまった、なんて事が起きてしまう前に定期的にバックアップを行っておきたいですね。今回は専用のプラグインを使わないバックアップ方法をご紹介します。

FTPソフトを用意する

まずはデータをダウンロードするFTPソフトを用意しましょう。色々なフリーソフトがありますが、おすすめはFTPソフトの大定番「FFFTP」(Winのみ)です。以下のサイトで配布されています。

http://www.forest.impress.co.jp/library/software/ffftp/

インストールしたらホストの設定をします。「ホスト名(アドレス)」、「ユーザー名」、「パスワード」の3ヶ所を入力してください。「FFFTP」の場合、以下のような画面で設定します。

01

FTPソフトでデータを保存する

FTPソフトの設定を終えたらサーバーに接続してみてください。 「wp-content」というフォルダの中にいくつかのフォルダがあります。すべて保存してもよいですがこの中でも重要度の高い3つのフォルダ、 「plugins」「themes」「uploads」をダウンロード保存しましょう。

02

「plugins」はプラグインのデータが入っています。「themes」はテーマのデータが入っています。「uploads」は画像などのデータが入っています。

エクスポート機能でデータを保存する

つぎはWordPressの管理画面から記事やコメントのデータを保存しましょう。左メニューの「ツール」から「エクスポート」をクリックします。

03

「すべてのコンテンツ」にチェックが入っているのを確認し、「エクスポートファイルをダウンロード」をクリックします。

04

お好きな場所を選んでXMLファイルをダウンロードしましょう。

パーマリンクの設定をメモする

最後にパーマリンクの設定をメモしておきましょう。左メニューの「設定」から「パーマリンク設定」をクリックします。

05

どの項目にチェックが付いているかをメモ帳に書いておくかスクリーンショットを撮っておきましょう。

06

先ほどダウンロードしたXMLファイルを復元する時に、パーマリンク設定が異なっていると上手く読み込んでくれません。

まとめ

うっかり操作をミスってデータを消してしまったり、少しデザイン変更させるつもりが途中でわけがわからなくなってしまったり…。そんな時でもバックアップがあれば安心ですね。バックアップしたデータは外部メディアに保存したり、オンラインストレージを利用したりして大切に保管してくださいね。