Twitterからメールアドレスや携帯電話番号で検索できないようにする方法

思ったことを好きなように呟けるのが醍醐味のTwitterですよね。

実は、メールアドレスや携帯電話番号で検索するとアカウントがわかってしまう機能があるのをご存知でしたか? Twitterをプライベートで利用したい方に、メールアドレスや携帯電話番号で検索できないようにする方法を紹介します。

なぜ検索されるのか?

Twitterには連絡先をアップロードし電話帳の中から友だちを検索することができます。そこで誰かの連絡先に自分のメールアドレスや携帯電話番号が登録されていると、アカウントが見つかってしまう場合があります。

また、他のユーザーがアップロードした連絡先にメールアドレスか携帯電話番号が含まれていた場合は、知り合いかもしれない可能性があるため「おすすめユーザー」として表示される場合もあります。

注意点として、アカウントの初期設定では、電話番号・メールアドレスからの検索オプションは有効になっていますので、アカウントが見つかってほしくない人は設定を変更する必要があります。

他のユーザーにメールアドレスと携帯電話番号による検索を許可していたとしても、メールアドレスや携帯電話番号は一般に公開されることはありませんのでご安心ください。

検索されないための設定方法

ホーム画面の右上にあるアイコンをクリックするとプロフィールの表示、設定、ログアウトなどが表示されますので設定をクリックします。

1

設定をクリックするとまず初めに「ユーザー情報」の設定が表示されます。

6

左の項目一覧にある「セキュリティーとプライバシー」をクリックします。

7

「プライバシー」の方に目を移すと「見つけやすさ」があります。

ここで「 メールアドレスの照合と通知を許可する 」「 電話番号の照合と通知を許可する」があるのでチェックを外し「変更を保存」をクリックすると、他人から電話番号やメールアドレスで検索されなくなります。

まとめ

限られた人にしか見られたくないこともありますよね。

フォローされてしまった後ではブロックでしか解決方法がありません。フォローされてしまう前に、検索をオフにしてスムーズにTwitterを使いましょう。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square