Google Chromeで開いてるタブを再起動時に復元する方法

パソコンを使っていると、システムのアップデートなどで再起動が必要になるときがありますよね。

何か調べ物をしていたり、たくさんのタブを開いている状態で再起動が必要になると「今開いているタブ、そのまま残しておきたいな」と考えることもあることでしょう。

実は、Google Chromeでは、再起動前に開いていたタブを全てそのまま復元してくれる機能があるのです。便利な機能なので是非覚えておきましょう。

開いているタブを保存しておく設定方法

1

まず、Google Chromeの設定を変更します。保存したい状態(必要なタブを開いている状態)で右上のメニューアイコンをクリックしましょう。

2

プルダウンメニューから「設定」をクリックします。

3

設定の中にある「起動時」の「前回開いていたページを開く」にチェックを入れます。

これで設定は完了しました。タブを開いたままGoogle Chromeを終了させたり、パソコンを再起動してみてください。

Chromeを再起動してみる

4

Chromeを起動すると、先程閉じる前に開いていたタブと全く同じタブを開くことが出来ました。

まとめ

前回開いていたタブと同じタブを開くことが出来るのは非常に便利な点なのですが、実はこの方法には一つだけ落とし穴があります。

一つのウィンドウで操作している分には問題はありません。しかし、複数のウィンドウを開いてChromeを使っている場合最後に操作していたウィンドウのみしか復元されません。

例えば固定タブを作っていたとしても、最後に操作しているウィンドウに固定タブがなければ解除されてしまいます。複数のウィンドウを使っている場合は注意をしてください。


イベント