Microsoft Wordで表を作成する方法

Wordで文書を作成しているとき、表が必要なことはよくあります。

しかし、表の大きさやデザインもその都度異なりますので、どのように作成しようかと悩むことも多いのではないでしょうか。そのようなときのために、簡単に表を作成する方法を3通りご紹介します。

マス目で指定する

1. 表を作成する位置にカーソルを置き、[挿入]タブの[表]をクリックします。

表_1_2

2. 表示されたマス目から、目的の行数と列数をポイントします。

表_2_2

3. 表のマス目の上に「表(4行×3列)」のように表示されていることを確認して最後のマス目をクリックします。

4. 表が作成され、[表]ツールの[デザイン]タブと[レイアウト]タブが表示されます。

hyousakusei_2

[表]ツールは、表が選択されている場合と表内にカーソルがあるときに表示されます。

数値で指定する

マス目の数を数値で指定することができます。

1. 表を作成する位置にカーソルを置き、[挿入]タブの[表]をクリックし、《表の挿入》をクリックします。

hyousakusei_1

2. [表の挿入]ダイアログボックスが表示されますので、《表のサイズ》の列数と行数に目的の数値を指定し、《OK》ボタンをクリックします。

hyousakusei_3

《自動調整のオプション》

「列の幅を固定する」:右のボックスに入れた数値の列幅の表が作成できます。

「文字列の幅に合わせる」:入力する文字列に合った列幅になります。

「ウィンドウサイズに合わせる」:文書サイズに合わせて表全体の幅が自動的に調整されます。

サンプルから作成する

サンプルを利用すれば、イメージに近い表を挿入できます。

1. [挿入]タブの[表]をクリックします。

2. 《クイック表作成》をポイントすると、サンプルが表示されます。

hyousakusei_4

3. 完成イメージに近い表のサンプルを選択します。hyousakusei_5

完成した表には、表のイメージがつかみやすいようにサンプルのデータが入力されていますので、データを削除して入力してください。

おわりに

マス目の少ない表でしたらマス目からの作成、マス目が多かったら数値で指定などと、目的に応じて使いやすい方法を選んでください。

この3通りの方法を使って見やすい表の作成にお役立てください。(サンプル画像は、Word2010です)


イベント