使っているGoogle Chromeのバージョンを確認する方法

Google Chromeは、何か不具合が出た時や最新機能が追加されるとバージョンをアップデートします。

通常、新しいバージョンが利用可能になると自動更新が出来るようになっているため、特に今使っているGoogle Chromeのバージョンを気にすることはないのですが、なんらかの原因で自動更新がかからなかったり、新しいソフトを使おうとしたら『お使いのChromeのバージョンには対応していません』などと出てきてしまうことがあります。

そういった時に、自分が使っているGoogle Chromeのバージョンを調べる方法を説明致します。

Google Chromeのバージョン確認方法

1

まずは、Google Chromeの右上にあるメニューアイコンをクリックします。

a

プルダウンメニューから、ヘルプにカーソルを選択します。

b

【Google Chromeについて】をクリックします。

d

概要の中にある『バージョン ○○.○.○○○○.○○.○』という数字がお使いのGoogle Chromeのバージョンになります。

この、バージョンの最初の2桁がメジャーバージョンの番号を表しています。Chromeについて書かれているインターネット情報では【Chrome 49】といったように、バージョンの番号が示されていることが多いです。

まとめ

文中にも記載した様に、Google Chromeは基本的にバックグラウンドで更新がかかるようになっています。

しかし、お気づきの方もいらっしゃったかもしれませんが最後の画像の様に更新がされていないときもあります。こういったことを防ぐ為にも、たまにお使いのGoogle Chromeのバージョンを確認してみると良いかもしれません。