Windows10でシステムの復元をする方法

手動や自動でシステムの変更を加えたあとに、システムの不具合や異常が発生してしまった場合の、システムを復元をする方法を紹介します。

システムの復元は、システムの復元ポイントで保存されたシステム状態に復元することができます。また、システムの復元ポイントはWindows10のWindows Updateで自動的に作成されたり、またはご自身の手動で作成したポイントとなります。

Windows10でシステム復元ポイントする方法

システムを復元するにあたり、「コンピュータの基本的な情報の表示」がある場所まで行く必要があります。いくつか方法があるのですが、一つ目はWindows10のスタートボタンを右クリックし、システムを選択する方法です。

1

もう一つの方法は、検索から「システムの復元」と入力する方法です。

2

いずれの方法も「コンピュータの基本的な情報の表示」にたどり着けるので、表示されたら左側にある「システムの保護」を選択します。

3

「システムのプロパティ」の「システムの保護」のタブが開きます。中央にある「システムの復元」を押します。

4

「システムの設定と復元」が開きますので、「次へ」を押します。

5

復元したいポイントを選択し、「次へ」を押します。

67

「復元ポイントの確認」が表示されますので、問題なければ「完了」を押します。

7

注意事項が表示されますので、「はい」を押すとシステムの復元が始まります。

8

まとめ

「システム」または検索に「復元ポイントの作成」を入力し、「コンピュータの基本的な情報の表示」から「システムの保護」を選択することで、システムの復元ポイントができます。

システム復元中は電源に接続し、十分余裕があるときに実行してください。