Windows10でシステム復元ポイントを作成する方法

システムに変更を加えるときにはシステム復元ポイントを作成することをお勧めします。システムの復元ポイントとはあるタイミングでシステムファイルの状態を保存することです。

もしシステムに変更を加えて万が一不具合が発生したときに、システムの復元ポイントを作成しておくとその状態に戻すことができます。

それではWindows10でシステム復元ポイントを作成する方法を紹介します。

Windows10でシステム復元ポイントを作成する方法

システムの復元ポイントを作成するにあたって、「コンピュータの基本的な情報の表示」画面を開く必要があります。コンピュータの基本的な情報の表示」画面を表示するには2つの方法があります。

1つはWindows10のスタートボタンを右クリックし、システムを選択することです。

1

もう1つの方法は、検索から「システムの復元」と入力することです。

2

いずれの方法も「コンピュータの基本的な情報の表示」に行きますので、表示されたら左側にある「システムの保護」を選択します。

3

「システムのプロパティ」の「システムの保護」のタブが開きます。一番下にある「システムの保護が有効になっているドライブの復元ポイントを今すぐ作成します」の右にある「作成」を押します。

その際、すぐ上の保護設定の一覧で自分が普段使用しているドライブの保護が有効になっていることを確認しておいてください。

4

「復元ポイントの作成」をするにあたり、説明入力画面になります。図中では「123」と入力していますが、たとえば「高速化するためにレジストリ変更」などと入力したほうがわかりやすいです。入力後「作成」を押すと終了です。

まとめ

「システム」または検索に「復元ポイントの作成」を入力し、「コンピュータの基本的な情報の表示」から「システムの保護」を選択することで復元ポイントの作成ができます。


イベント