WordPress標準搭載プラグインwp multibyte patchの機能と使い方

日本語版WordPressに標準搭載されているプラグイン「WP Multibyte Patch」をご存知ですか? 標準搭載ゆえに見落としてしまいがちなこのプラグインですが、実はとても大事な機能を持っています。

今回は「WP Multibyte Patch」についてご説明します。

WP Multibyte Patchの機能

私たちの使っているひらがな、カタカナ、漢字は2バイト以上の「マルチバイト文字」と呼ばれています。

そのため、英語圏で作られたWordPressを日本語環境で正しく動作させるためにはこの標準搭載されているプラグインを有効化させるのがベストなのです。

WP Multibyte Patchを有効化させたときの機能は以下のようになります。

・メールやトラックバックの文字化けを防ぐ
・ピンバックのバグを防ぐ
・投稿画面での文字数を正しくカウント
・マルチバイトを含むファイル名のファイルアップロードに対応
・検索時に全角スペースを単語の区切りと認識…など

WP Multibyte Patchの使い方

標準搭載なのですでにインストールされています。あとは有効化させるだけでOKです。それでは、有効化させる手順をご説明します。

管理画面の左メニューから「プラグイン」→「インストール済みプラグイン」をクリックしましょう。

00

一覧表示された中から「WP Multibyte Patch」を見つけ、「有効化」という文字をクリックします。

01

以前に削除してしまったなど、もし一覧の中に無い場合は改めてダウンロードしましょう。

まとめ

一度有効化してしまえば難しい設定変更はいらないのが嬉しいですね。

記事内で挙げた以外にも細かな機能を担ってくれているプラグインです。アップデートのお知らせがあったら忘れずに最新のものに更新してくださいね。