Pythonで擬似乱数を生成する:random

Pythonで擬似乱数を生成する方法について説明します。

ランダムな数を取得する:random

randomモジュールのrandom()関数を使うと、0.0以上 1.0未満の小数の値をランダムに取得することができます。

from random import random

for i in range(0, 10):
    print random()

上の例ではランダムな値を取得するので、実行するたびに結果は異なります。

もしプログラムを実行するたびに同じ値を取得したい場合は、seed()を使います。

from random import random, seed

seed(100)
for i in range(0, 10):
    print random()

seed()に同じ値を渡すことによって、実行するたびに同じ結果が得られます。

ランダムな整数を取得する:randint

整数を取得したいときは、randint()を使います。

randint(a, b)

第1引数、第2引数には整数を渡します。戻り値はa以上b以下のランダムな値が返されます。

from random import randint

for i in range(0, 10):
    print randint(1, 100)

この例では、nは1以上100以下の整数となります。

randint()の場合もseed()を設定することで同じ乱数のパターンで値を取得することがきます。

from random import randint, seed

seed(100)
for i in range(0, 10):
    print randint(1, 100)