Windows10でタスクバーを固定したり、隠したりする方法

Windows10の初期設定では、画面の下側にタスクバーが配置されています。しかしタスクバーの位置は、自分が使いたい位置に自由に変えることができます。

画面が小さい場合はタスクバーの位置も情報表示に使いたい場合もありますので、タスクバーの位置を変更したり、自動的に隠す方法について紹介します。

Windows10でタスクバーを固定したり、自動的に隠したりする方法

タスクバーの位置で右クリックしてください。メニューが表示されますので、「プロパティ」を選んでください。

1

「タスクバーとスタートメニューのプロパティ」が表示されます。上の方に「タスクバーを固定する」と「タスクバーを自動的に隠す」があります。

下の例では「タスクバーを固定する」にチェックが入っていて、「タスクバーを自動的に隠す」にチェックが入っていません。この設定では、下側にタスクバーが固定されていて、自動的に隠れない、ということになります。

2

「タスクバーを固定する」のチェックをはずします。

3

タスクバーをドラッグしながら、右端に移動しました。

4

「タスクバーを自動的に隠す」にチェックを入れます。

5

自動的にタスクバーが隠れて、画面が広く使えるようになりました。

6

まとめ

タスクバーを右クリックして「プロパティ」から「タスクバーを固定する」と「タスクバーを自動的に隠す」でタスクバーの設定することができます。この設定でタスクバーを自分の好きな配置にしたり、隠したりすることによってディスプレイを広く使えます。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square