Windows10でファイアフォールを無効にする方法

新しいアプリケーションをインスールする際、稀にファイアウォールが邪魔して失敗する場合があります。この場合、ファイアウォールを無効にして再インストールする必要があります。

そんなときに役立つ、Windows10のファイアウォールを無効にする方法を紹介します。

Windows10でファイアフォールを無効にする方法

Windowのスタートボタンを右クリックし、コントロールパネルを選択します。

1

項目一覧から、「システムとセキュリティ」を押します。

2

左側の項目が「システムとセキュリティ」であることを確認し、「ファイアウォールの状態の確認」を選びます。

3

左側の項目にある「Windowsファイアウォールの有効化または無効化」を押します。

4

「各種類のネットワーク設定のカスタマイズ」から「Windowsファイアウォールを無効化にする(推奨されません)」にチェックを入れます。そして「OK」を押すと無効化することができます。

プライベートネットワークやパブリックネットワークという言葉がありますが、接続するネットワークが会社や個人で契約しているネットワークであればプライベート、コンビニやファーストフード店などだれでも使えるネットワーク環境であればパブリックと考えてください。

5

まとめ

ファイアウォールを無効化するには、コントロールパネルから「システムのセキュリティ」ファイアウォールの状態の確認」「Windowsファイアウォールの有効化または無効化」の順で設定可能な画面にいきます。

なお、パブリックネットワークではファイアウォールの無効化はハッカーの攻撃にあう可能性もあるのでお勧めできません。