Windows10で自動サインインを有効にする方法

Windowsはパソコン起動時にアカウント名とパスワードを毎回入力します。しかし、セキュリティ上の危険が少ない場所で使用していたり、毎回入力するのが面倒な場合はWindow10はパスワードなしで自動サインインすることが可能です。

自動サインインを有効にする方法を紹介します。

Windows10で自動サインインを有効にする方法

Windowsのスタートボタンを右クリックして、「ファイル名を指定して実行」を押します。

1

名前を入れるウィンドウが立ち上がりますので、「netplwiz」と入力します。

2

なおCortanaの検索ボックスに直接「netplwiz」と入力しても大丈夫です。

3

「ユーザーアカウント」が立ち上がりますので「ユーザーがこのコンピューターを使うにはユーザー名の入力が必要」のチェックをはずしてOKを押します。

4

そうすると自動サインインを設定するためにユーザー名とパスワードを入力するが画面が表示されますので、入力後OKを押せば自動サインインが可能となります。

5

まとめ

自動サインインするには、コントロールパネルからユーザーアカウントに行って「ユーザーがこのコンピューターを使うにはユーザー名の入力が必要」のチェックをはずすことで可能となります。

しかし、セキュリティ上、面倒でも毎回入力することをおススメします。

一度、自動サインインの設定をしても、同じ手順で「ユーザーがこのコンピューターを使うにはユーザー名の入力が必要」のチェックをすれば、自動サインインが解除されます。