Windows10で新しいローカルアカウントを作成する方法

Windows10ではOutlookOneDriveなどMicrosoftのサービスに必要なMicrosoftアカウントが準備されていますが、従来のWindowsのようにローカルアカウントも作成可能です。

ローカルアカウントはMicrosoftのサービスと連携できませんが、情報の流出の可能性も低くなります。それでは、Windows10で新しいローカルアカウントを作成する方法を紹介します。

Windows10で新しいローカルアカウントを作成する方法

Windowsのスタートボタンを左クリックし、設定を選びます。

1

設定の項目一覧から「アカウント」を選びます。

2

アカウントが開くと、左側から「家族とその他のユーザー」を選びます。

3

右側の「他のユーザー」のある「その他のユーザーをこのPCに追加する」を押します。

4

「このユーザーはどのようにサインしますか?」というウィンドウが立ち上がりますので、「このユーザーのサインイン情報がありません」を押します。

5

「アカウントを作成しましょう」というウィンドウが開きますので、下にある「Microsoftアカウントを持たないユーザーを追加する」を押します。

6

「このPC用のアカウントの作成」画面が表示されますのでユーザー名やパスワードを入力するとローカルアカウントが作成できます。

7

まとめ

ローカルアカウントは、「設定」から「アカウント」を選び「家族とその他のユーザー」から「その他のユーザーをこのPCに追加する」という手順で作成可能です。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square