Windows10のWindows Defenderの有効/無効を設定する方法

Windows DefenderWindows10に標準装備されているマルウェア対策のセキュリティ機能です。マルウェアとはスパイウェアや望ましくない命令を実行するアプリという意味です。そのマルチウェアの検出と通知を、Windows Defenderで実施することができます

今回はWindows10Windows Defenderの有効/無効を設定する方法を紹介します。

Windows10Windows Defenderの有効/無効を設定する方法

Windowsのスタートボタンを左クリックし、設定を選びます。

1

表示された項目一覧から「更新とセキュリティ」を押します。

2

左側の「Windows Defender」を選ぶと、3つのスイッチが表示されます。重要なのは「リアルタイム保護」でマルウェアの検出と実行の防止のスイッチとなっていて、オンは保護、オフは非保護です。

「クラウドベースの保護」はセキュリティ問題をMicrosoftに送信する、「サンプルの送信」は発見したマルウェアをMicrosoftに送信する、ことを意味しています。

3

「リアルタイム保護」のスイッチをオンとしている場合、有効になっているか確認する方法を紹介します。上の画像にある右側の項目を下にスクロールしてください。

そうすると「Windows Defenderの使用」というのが出てきますので、選択してください。

4

Windows Defenderが立ち上がりますので「ホーム」にある「リアルタイム保護」の項目が「有効」になっていることを確認してください。

5

まとめ

Windows Defenderを設定するには「設定」から「更新とセキュリティ」、「Windows Defender」の順で選ぶと、設定スイッチが表示されます。「リアルタイム保護」の項目にも記載されていますが、Windows Defenderは一時的なオフはできても自動的にオンになります。