Windows10のごみ箱を介さず直接削除する方法

ファイルを削除すると、一時的にゴミ箱にファイルが移動されるのはご存知だと思います。実はこのゴミ箱、家庭にあるゴミ箱と同じで最大容量が設定されています。

なぜ、ごみ箱に最大容量の設定が必要なのでしょうか? ごみ箱にたくさんゴミが増えると、そのうちゴミ箱には収容できなくなってしまい溢れかえってしまいます。最大容量を超えたら、古いファイルから削除するという方法で、PCがゴミ屋敷のように無駄なファイルでいっぱいになってしまうのを防いでいます。

しかし、この最大容量を設定しているがために、ドライブの空きスペースがゴミ箱に取られているという問題もあります。それを解決すべく、ゴミ箱の最大容量を変更する方法を紹介します。

Windows10のごみ箱の最大容量を変更する方法

ゴミ箱のアイコンを右クリックしてください。表示された一覧から「プロパティ」を選択します。

2016-03-23 (6)

「ゴミ箱のプロパティ」が開きます。

中央付近にある「選択した場所の設定」で「カスタムサイズ」の下にある「最大サイズ」の値が現在の最大容量の設定値になります。下の画像に例では1304となっていて、これは1304MB(メガバイト)、単位を変えると1.3GB(ギガバイト)に相当します。

「カスタムサイズ」から「ゴミ箱にファイルを移動しないで、削除と同時に消去する」に変更してください。これによりゴミ箱分の1.3GBが開放され、空きスペースとして活用できます。

2016-03-23 (9)

まとめ

削除したいファイルをごみ箱にためず、直接消去するには、ゴミ箱を右クリックしてプロパティから変更することができます。

この作業によって、ごみ箱に使用していた分の容量を利用できるようになるので、ぜひで試してみてください。


イベント