Windows10のロック画面をカスタマイズする

Windows10で表示されるロック画面は、起動した直後や、一定時間操作しなかった場合に表示され、サインインを求められる画面です。

実は、このロック画面はお好みの画像にカスタマイズすることができます。例えば、自分が好きな画像を設定することも、さらにスライドショーとして表示させることも可能です。

また、設定している地域の天気や時間なども一緒に表示することができます。それではロック画面のカスタマイズの方法を紹介します。

Windows10のロック画面をカスタマイズする

Windowsのスタートボタンを左クリックして「設定」を選びます。

1

設定の項目から「パーソナル設定」を選びます。

2

左の項目から「ロック画面」を押します。

3

写真の下にある「背景」を押すと、「Windowsスポットライト」「画像」「スライドショー」から背景画像を選択、変更することができます。

Windowsスポットライト」とはWindowsにて用意した画像です。「状態の詳細を表示するアプリを選ぶ」を押すといくつかのアプリが表示されます。

例えば、天気を選ぶとロック画面にあなたが設定している地域の温度や天気予報が表示されます。その下にある「簡易ステータスを表示するアプリを選ぶ」は指定したアプリのアイコンが表示されます。

4

まとめ

ロック画面は「設定」から「パーソナル設定」を開き、ロック画面からカスタマイズが可能です。カスタマイズは背景画の変更、表示させるアプリの追加ができますので、お好みのロック画面に設定してください。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square