WordPressでアクセス解析をする方法

WordPressで作成したWebサイトにどのくらいの人が来ているのか、ページビュー、検索キーワードなど、知ることができれば今後の運営に便利になります。

WordPressは、プラグインを追加することで簡単にWebサイトのアクセス解析をすることができます。今回は外部のツールを使わず、WordPress管理画面からアクセス解析を見られるものに絞りました。

それでは、おすすめのアクセス解析のプラグインを2つ紹介します。

オススメのプラグイン

Jetpack

— WordPress

Jetpack

Jetpackはアクセス解析で知りたい「アクセス数」、「検索キーワード」、「外部リンクやリンク元」、「人気投稿」などを知ることができます。

アクセス解析以外の機能もJetpackは豊富なので、詳しく設定したい人におすすめできるプラグインです。

Count per Day

Count per Day   Toms Dimension

Count per Day

Count per Dayは、シンプルで使いやすいアクセス解析です。

基本的なアクセス解析の他にも「今日(昨日)の訪問者数」、「7日間で訪問者数が多かった投稿」、「国ごとの訪問者数」などを知ることができます。

「ウィジェット」からサイドバーなどに入れることで、アクセスカウンターとしても使うことができる使い勝手の良いプラグインです。

まとめ

WordPressの管理画面から確認できるアクセス解析の方法についての紹介でした。

人気の投稿をさらに強化するためにも、人気が無い投稿を救済するためにもアクセス解析は必要なので、WordPressのプラグインとして取り入れておきましょう。