WordPress初心者が最初にするべき10個のこと

いざWordPressを始めようと思い立っても、何から手をつけたらいいのか分からない! と頭を抱えている人もいるのではないでしょうか。

WordPress初心者が最初にするべきことを7つにまとめてみましたので参考にしてみてください。

WordPress初心者が最初にすべきこと

1. プロフィールの設定

サイトの管理人であるあなたのプロフィールを設定しましょう。

管理画面の左メニューから「ユーザー」→「あなたのプロフィール」をクリックします。このページでプロフィールの設定を変更できます。

00

「ニックネーム (必須)」という部分に「ユーザー名」とは違う名前を入力してください。ユーザー名が閲覧者にばれるのはセキュリティ上よくありませんので、ユーザー名からは推測されにくいニックネームをつけましょう。

ニックネームを入力したら「ブログ上の表示名」で今つけたニックネームを選択します。

02

ページの下部にある「プロフィールを更新」をクリックしてプロフィールの設定は完了です。上で挙げた項目と「メールアドレス (必須)」という部分が入力されていれば、ほかは空白のままで構いません。

2. サイトの一般設定

サイトの基本的な情報の表示に関する設定をしましょう。

管理画面の左メニューから「設定」→「一般」をクリックします。このページでは基本的に自分の好み・状況に合った設定を選んでください。

04

「サイトのタイトル」と「キャッチフレーズ」を好きなものに変更しましょう。この項目はサイトトップに表示されるので必ず変更してください。
05

セキュリティ上の観点から「メンバーシップ」のチェックははずしましょう。
06

最後に「変更を保存」をクリックしてこのページの設定は完了です。

09

3. ウィジェットを選択する

ウィジェット — WordPress

 WordPressにおけるウィジェットとは、ブログパーツのことで「サイドバー」や「メイン上部」、「フッター」などに好きなものを設置できるシステムです。Webサイトに訪れた人が利用しやすいように工夫しましょう。

設定方法は、「WordPress管理画面」→「外観」→「ウィジェット」から選ぶことができます。

4. ping送信の設定

WordPressでは更新した情報をランキングサイトなどに送るping送信の設定ができます。もしping送信を希望しないのであれば空欄にしましょう。

管理画面の左メニューから「設定」→「投稿設定」をクリックします。
10

ページ下部の「更新情報サービス」に追記または削除しましょう。変更したらその下の「変更を保存」をクリックします。

11

5. サイトトップページの設定

サイトのトップページに関する設定をしましょう。

管理画面の左メニューから「設定」→「表示設定」をクリックします。

12

「フロントページの表示」ではサイトのトップページに何を表示させるか選べます。基本的には「最新の投稿」を選んでおくといいでしょう。

「1ページに表示する最大投稿数」はお好きな数字で構いませんが、ページの表示速度を考慮して「10」くらいがベストです。

13

「検索エンジンでの表示」では基本的にチェックをはずしておきます。もし検索サイトに引っかかりたくない場合はチェックを入れます。
14

設定を変更した場合はページ下部の「変更を保存」をクリックしてください。

09

6. コメント投稿の設定

コメントに関する設定をしましょう。

管理画面の左メニューから「設定」→「ディスカッション」をクリックします。
15

「投稿のデフォルト設定」という項目を簡単に説明すると、チェックを入れているとほかのブログや閲覧者との交流が生まれる可能性が高まり、チェックを外せば非交流型のサイトになります。目指すサイトの方向性にあわせて選んでください。
16

「他のコメント設定」では「コメントの投稿者の名前とメールアドレスの入力を必須にする」にチェックをしましょう。スパムコメント対策になります。

17

また、「コメントをX 階層までのスレッド (入れ子) 形式にする 」は、コメントに対する返信があった場合に見やすくなるのでお好みでチェックしましょう。

設定を変更した場合はページ下部の「変更を保存」をクリックしてください。

09

7. パーマリンクの設定

記事投稿したときのURLをどのように表記するか設定しましょう。

管理画面の左メニューから「設定」→「パーマリンク設定」をクリックします。

18

「共通設定」は選択肢の中から好きなものを選びましょう。

お勧めは「カスタム構造」です。数字の羅列より記事の内容にあったパーマリンクを記事ごとに設定したほうがSEO対策という点で有効です。「カスタム構造」にチェックを入れたら「/%postname%」と入力してください。
19

設定を変更した場合はページ下部の「変更を保存」をクリックしてください。

09

8. サイトを準備中に設定

https://wordpress.org/plugins/wp-nologin-redirect/

サイトを本公開する前に記事投稿の練習や固定ページの作成をしたり、導入したテーマをカスタマイズすることがあるかもしれません。

そんな試行錯誤をネット上で行えば全世界から見られてしまう可能性があります。準備段階の間は第三者からコンテンツを見られないようにするプラグイン「wp-nologin-redirect」を入れて有効化しましょう。

いざサイトを公開するときにはこのプラグインを削除することを忘れないようにしましょう。

9. プラグイン「All in one SEO Pack」の導入

All in One SEO Pack — WordPress Plugins

All in One SEO

サイト全体のSEO対策として有能なプラグインです。導入している人も多く、人気が高いので初心者の人におすすめです。

10. プラグイン「Contact Form 7」の導入

Contact Form 7 — WordPress Plugins

Contact Form 7

Webサイトのメール機能として使えるプラグインです。シンプルなメールフォームなのでどんなWebサイトのお問い合わせとしておすすめです。

まとめ

初心者の人がWordPressをやる時にするべきことについてまとめてみました。WordPressは自由度が高いので少しづつ勉強して使えるようになりましょう。