WordPressで固定ページを作成する方法

この記事ではWordPressで固定ページを作成する方法と、「固定ページ」と似ている「投稿」の違いを紹介します。

どういった内容を固定ページにすれば良いかなどについてまとめてみましたので参考にしてみてください。

固定ページと投稿の違い

まず、「固定ページ」と「投稿」の簡単な違いの説明です。

固定ページは、「カテゴリ」や「タグ」の設定ができず、独立したページと考えると良いでしょう。カテゴリやタグの設定ができない変わりに「親」、「子」のページを設定することができます。

固定ページの作成方法

固定ページを作成するには、WordPress管理画面からメニューの「固定ページ」に行き、「新規作成」を選択しましょう。

新規固定ページを追加 WordPress

基本的な編集方法は、投稿と同じです。プレビューで確認しながら作成していきましょう。

固定ページの作成が完了したら、「公開」ボタンを押してブログに反映させます。(選択しているテーマによって表示場所が異なります。)

固定ページ一覧 WordPress

「固定ページ一覧」から今まで自分が作った固定ページの編集をすることができます。固定ページの例として「お問い合わせフォーム」や「サイトマップ」などが一般的です。

その他にも、「ブログの詳細ページ」や「製作者のプロフィール」なども作ってみると良いかもしれません。

まとめ

固定ページと投稿の違いを理解することで使い分けもスムーズにできます。

WordPressで大きなアクセスを集めているWebサイトは、固定ページがしっかりされているので参考にしてみましょう。


イベント