Twitterのプロフィール画像をインスタグラムにインポートする方法

SNSで他人のプロフィールを見るとき、まず目に止まるのはプロフィール画像です。好感が持てて、尚且つおしゃれな一枚を選ぼうとあれこれ迷ってしまってなかなか決まらないことがありますよね。

どうしても決まらないときは、他のSNSで使用中のプロフィール画像と同じ画像を使用してしまうのも一つの手です。

Twitterのプロフィール画像をInstagramでも使用したい場合は、以下の方法で簡単にインポートすることができます。

Twitterのプロフィール画像をインスタグラムでも使用する方法

Instagramを起動し立ち上がったら、まず画面上の右下の赤枠で囲われた「人型のシルエットをしたアイコン」をタップします。

IMG_0597 赤枠

プロフィール画面に移ったら、今度は画面左上にある赤丸で囲われたプロフィール写真を表示するを枠をタップします。

IMG_0598 赤枠

「プロフィール写真を変更」のメニューが表示されるので「Twitterからインポート」をタップします。

IMG_0599 赤枠

すると、Twitterのプロフィール画像のインポートが開始し、その画像が丸枠に反映されます。これでTwitterのプロフィール画像と同じ画像を使用できるようになります。

まとめ

「プロフィール写真を変更」のメニューでは、Facebookからもプロフィール画像をインポートをすることが可能です。

また、「写真を撮る」では、その場でカメラアプリを立ち上げ、撮影したものをそのままプロフィール画像として使用することができます。

「ライブラリから選択」はスマホに保存されている画像から一枚を選択し、設定することができます。自分にとってお気に入りの一枚をプロフィール画像に選んでみてください。


イベント