覚えておきたいイラストレーターで使えるショートカット

この記事では、Adobe Illustrator CCでよく使用される、覚えておきたいショートカットキーを紹介します。

なお、OSによってショートカットキーが異なるため、Windowsのショートカットキーを始めに記載し、Macのショートカットキーは括弧内に記載しています。

1. ファイルメニューのショートカット

新規ファイル作成

Ctrl+N(command+N)

ファイルを開く

Ctrl + O(command+O)

ファイルを閉じる

Ctrl+W(command+W)

ファイルを上書き保存する

Ctrl+S(command+S)

ファイルを別名で保存する

Shift +Ctrl+S(shift+ command+W)

複製を保存する

Alt+Ctrl+S(option+command+S)

ファイルを配置する

Shift+Ctrl+P(shift+ command+P)

プリント

Ctrl+P(command+P)

Illustratorを終了する

Ctrl+Q(command+Q)

2. 編集メニューのショートカット

ひとつ前の状態に戻る

Ctrl+Z(command+Z)

やり直し

Shift+Ctrl+Z(shift+command+Z)

コピーする

Ctrl+C(command+C)

貼り付ける

Ctrl+V(command+V)

前面にペーストする

Ctrl+F(command+F)

背面にペーストする

Ctrl+B(command+B)

同じ位置にペースト

Shift+Ctrl+ V(shift+ command+V)

カットする

Ctrl+X(command+X)

3. オブジェクトメニューのショートカット

グループ化する

Ctrl+G(command+G)

グループを解除する

Shift+ Ctrl+G(shift+ command+G)

クリッピングマスクを作成する

Ctrl+7(command+7)

オブジェクトの重ね順を変更する(背面へ)

Ctrl+[(command+[)

オブジェクトの重ね順を変更する(前面へ)

Ctrl+](command+])

オブジェクトの重ね順を変更する(最背面へ)

Shift+Ctrl+[(shift+ command+[)

オブジェクトの重ね順を変更する(最前面へ)

Shift+Ctrl+](shift+ command+])

4. 選択メニューのショートカット

すべて選択する

Ctrl+A(command+A)

選択を解除する

Shift+ Ctrl+A(shift+ command+A)

背面のオブジェクトを選択する

Alt+Ctrl+[(option+ command+[)

前面のオブジェクトを選択する

Alt+Ctrl+](option+ command+])

5. 表示メニューのショートカット

定規を表示する

Ctrl+R(command+R)

ガイドの表示/非表示

Ctrl+:(command+:)

ガイドのロック/ロック解除

Ctrl+Alt+:(command+option+ :)

スマートガイドの表示/非表示

Ctrl+U(command+U)

ズームイン

Ctrl++(command++)

ズームアウト

Ctrl+-(command+-)

100%表示

Ctrl+1(command+1)

アートボードを全体表示

Ctrl+0(command+0)

6. ツールのショートカット

選択ツール

V

ダイレクト選択ツール

A

ペンツール

P

アンカーポイントの追加ツール

Shift++

アンカーポイントの削除ツール

-

アンカーポイントの切り替えツール

Shift+C

長方形ツール

M

楕円形ツール

L

テキストツール

T

直線ツール

\

ズームツール

Z
※ズームツールを使用している状態で、Alt(option)を組み合わせると縮小し、離すと拡大します。
※Space+ctrl(space+command)は拡大ツール、Space+ctrl+alt(space+command+option)で縮小ツールになります。

手のひらツール

H
※Spaceキーでも可能です。

7. 塗りと線のショートカット

初期設定の塗りと線

D
※塗りを白・線を黒と指定します。

塗りと線を切り替え

X

塗りと線を入れ替え

Shift+X

塗りと線をなしにする

/


目次

購読

平日・毎朝更新中