海外製のWordPressテーマを日本語に対応させる方法

WordPressのテーマを選ぶ際にオシャレなものを見つけたけれど、英語表記であきらめてしまったという経験がある方は多いのではないでしょうか。いざ使ってみても、英語表記で戸惑ってしまうことはあると思います。

今回はそんな海外製のWordPressテーマを日本語に対応させる方法をご紹介します。

翻訳ソフトPoedit

http://www.photo-ac.com/main/detail/371594?title=%E6%9B%B8%E3%81%8F%E3%81%93%E3%81%A8%E5%A4%A7%E5%A5%BD%E3%81%8D

1. ダウンロードする

翻訳ソフトのフリーソフト、Poeditをダウンロードします。

様々なダウンロードサイトがありますが、公式サイトでダウンロードしてみましょう。公式サイトは英語ですが、ダウンロードへの案内やソフトは日本語なので使いやすいです。

2. WordPressのテーマの言語ファイルをダウンロードする

FTPソフト等でサーバーから言語ファイルをダウンロードします。テーマ内の「longuages」内の「.pot」「.po」ファイルが編集することができるファイルです。

3. Poeditで翻訳する

ダウンロードしたファイルをPoeditで開きます。ソフトを起動させると目的別にいろいろと出てくると思います。今回は「翻訳を編集」を選びましょう。

するとファイルを選択する画面がでてくると思います。言語ファイルを選ぶのですが、この時に「すべての翻訳ファイル」にしておきましょう。

言語ファイルを開いたら、下の方にある「翻訳プロジェクトを新規作成する」をクリックして、翻訳の言語を「日本語」にします。あとは英語の部分クリックして右に表示される日本語の中から適切なもの選んでいきます。

この時にコードも翻訳しないようにしましょう。「<>」「%」「;」などの記号が含まれているものは編集しないでください。

翻訳作業が終わったら、名前を付けて保存をしてください。名前は変更しなくても大丈夫です。あとは、WordPressを起動してみてください。うまく日本語化できていれば表示されているはずです。もし、表示されていなければ先ほどのファイルの名前を「ja」に変更してみてください。

まとめ

今回の翻訳方法はプラグインにも使用することができます。根気よく翻訳する必要がありますが、一度翻訳してしまうと使いやすくなります。ぜひ、みなさんも挑戦してみてください。


イベント